多汗症

多汗症が治った人が行った4つの汗対策とは!?

2017/03/26

多汗症 治った人

すこし暑いだけで人よりも大量に汗をかいてしまう多汗症、時には暑くもない所でも汗をかいてしまうので悩みは尽きません。

しかし、多汗症が治ったという人も中にはいるのですが、多汗症というのは本当に治るのでしょうか。汗をかきたくないと考えるだけでもかいてしまう多汗症を抑える対策法を紹介します。

1. 多汗症になる人の特徴その1:精神的ストレス

多汗症になる人の大多数は精神的なストレスからくるものだと言われています。大事な会議で失敗できないから、大事な人と手をつなぐ時に汗がびっしょりだと嫌だという緊張、そういった精神的に負荷がかかる状態になると、体内では交感神経を優位に働かせ気持ちの安定を図ろうとします。そうするととめどなく汗が溢れてしまうことにつながるのです。

ただし、軽度の多汗症の方はそういった大事な場面が過ぎ去るとパッと汗が引くので一見治ったかのように見えてしまいます。ですが、何度も経験していくうちに緊張する場面でもないのに汗をかいてしまう負のスパイラルに陥ってしまうという方も多数いらっしゃいます。

2. 多汗症になる人の特徴その2:ホルモンバランスの乱れ

交感神経が優位に働くことで何も無い時でも汗をかいてしまうのが多汗症です。治ったという回数が段々と減ると朝起きた時にすぐに汗をかいてしまうという程歩ひどくなる場合もあるのですが、ホルモンバランスの乱れによる多汗症が原因である場合もあります。

この場合はホルモンの分泌、伝達が上手くいかずに交感神経のバランスも乱れ、結果多汗症の症状が発症します。女性の場合は月経や更年期等でホルモンバランスが乱れやすいので、ホルモンバランスの乱れから来る多汗症は女性の方が割合は多いです。

3. 多汗症を治す~塩化アルミニウムをつける~

塩化アルミニウムを汗が多くでる場所につけると、汗腺にこの塩化アルミニウムが入り込み蓋の役割をしてくれるため汗をかかなくなります。

多汗症のデオドラントとして使用されている製品の多くはこの塩化アルミニウムで蓋をする方法が採用されています。この塩化アルミニウムの良いところは、患部に塗るだけで徐々に効果を発揮してきますので、汗をかかなくなる自分に安心感を覚え、多汗症が治ったという事例につながるのです。大事な場面で汗をかかないという自信につなげることができるのがこの塩化アルミニウムのメリットです。

しかし、長時間効果はキープできないので汗をかいてしまううちは何度も使用しなければなりません。加えて若干刺激が強いため肌に合わないという方もいらっしゃいます。

4. 多汗症を治す~イオントフォレーシス~

多汗症が治った方でこの治療を使っていた方も多く、イオントフォレーシスとはいわゆる患部に微弱な電気を流す治療法です。

なぜ患部に電気を流すだけで治ったのかというと、水の中に電流を流すと水素イオンが生じるのですが、この水素イオンが患部の汗腺を小さくしてくれるのです。

しかしこのイオントフォレーシスは水の中につけるため、手のひらや足に限られてしまうのが難点で、ワキの多汗症の方は残念ながら治療できません。

しかし、このイオントフォレーシスは保険も適用されるため治療のための通院で治った方も1回の治療負担額は600~800円前後とお財布に優しい値段です。週に2~3回ほど通院して多汗症の症状が収まってくれば週に1回の通院で良くなります。

5. 多汗症を治す~ボツリヌス注射~

イオントフォレーシスが使えないワキの多汗症が治ったという経験がある方はボツリヌス菌が生成した毒素を患部に注射するボツリヌス注射を取り入れた方もいます。

このボツリヌス毒素は名前から身体に悪い印象ですが、実はボツリヌス毒素は人体に無害な微量であれば多汗症の症状を和らげるだけでなく、美容整形の分野ではしわ取りにも利用されるほどです。

このボツリヌス毒素が働くのは交感神経から汗腺に汗をだす司令部分です。この汗腺に汗を出す司令をブロックしてくれるため、注射を打った部位からは汗をかかなくなります。注射をした3日前後で効果が現れ、持続期間は3ヶ月から長いと半年以上も効果が期待できるのです。

多汗症が治った人でボツリヌス注射をする人が多いのはこの持続期間の長さと効果の高さからということがわかりますね。しかし残念ながらこの注射の効果が切れると多汗症の症状が再発するので、治ったという方でも一時的に治っているに過ぎませんのでそこは注意してください。

6. 多汗症を治す~交感神経を取り除く手術~

今までの多汗症の紹介は再発する可能性がある内容でしたが、多汗症を完全に治すのであれば交感神経を取り除く手術が一番信頼できます。全部の交感神経を取り除くわけでなく、多汗症で悩んでいる部位の交感神経を取り除くことで、汗をかく司令を届かないようにするという内容です。ETS手術や胸腔鏡下胸部交感神経遮断術とも呼ばれますが、この手術で多汗症が治った方の再発率は実に1~5%と限りなく低いのです。

唯一のデメリットとしては代償性発汗と呼ばれ、汗をかかなくなった部分を補うように別の場所でその分の汗をかいてしまうという現象が起こる可能性があります。ワキの手術をしたは良いが代償性発汗により背中の汗が多くなってしまった、という事例もあります。それ以外は確実に治った方が多い手術法なので信頼できるものです。

おわりに

多汗症のレベルによって対策する方法はそれぞれですが、精神的によるものが多いため、まずは簡単にできる対策で行って汗をかかない自分に自信をつけていくことから始めて行くのが良いでしょう。あなたの口から多汗症が治ったと聞ける日を望んでいます。


-多汗症